美容 育毛

20代の育毛剤はデメリットばかり!手遅れになる前に本物の薄毛対策を

StockSnap / Pixabay

20代が中盤に差し掛かってくると、気になって来るのが頭髪の状況ですよね。

20代中盤というのは遅かれ早かれ多くの人が薄毛を感じ始める時期です。

あなたもある日自分の頭を見て「あれ!?髪の毛なくね!?」と急に悲しい現実を突きつけられたのではないでしょうか?

自分で実感できるレベルになってくると家族や友人に「ちょっとハゲすぎじゃない?」なんて言われはじめます。

そんなときに使いたくなるのが「育毛剤」。

とはいえ「育毛剤ってちゃんと効果あるの?」「副作用があったりしないの?」と思うのが人間という物です。

今回は、実際に育毛剤を使ってほとんど結果が出てこなかった私が、20代で育毛剤を使うデメリットと自分の体で実証済みの効果的な育毛発毛方法をご紹介していきます。

↓私の体験談を書いてみましたので是非読んでみてください。

【AGA治療】20代の私が薄毛を克服した体験談

Peggy_Marco / Pixabay 「若はげに悩んでいる。なんとかしたい。」 「若はげを克服した人の体験談を知りたい。」 この記事はそんな方へ向けて書いています。 私も20代前半で若はげに悩ん ...

スポンサーリンク




20代の薄毛の原因は2種類

qimono / Pixabay

20代の若い世代が育毛剤を使うことによってどのようなデメリットがあるのかを解説する前になぜ薄毛になるのかを解説していきたいと思います。

薄毛には様々な原因がありますが後天的な物と先天的な物の2種類に大分することができます。

一般的に育毛剤のみで薄毛が治る可能性が高いのが後天的な原因のもので、先天的な要因により薄毛が進行している場合は育毛剤だけでは逆効果な場合があります。

20代で薄毛になる原因

  • ストレスや食事などの生活習慣による後天的原因
  • 遺伝などに起因する先天的原因(AGA)

ストレスや食事などの生活習慣などによる後天的原因

Peggy_Marco / Pixabay

後天的な原因による薄毛の場合は主に外的要因(ストレス)と内的要因(生活習慣:食生活、運動不足、睡眠不足)があります。

こういった後天的な要因による薄毛の場合は育毛剤と生活習慣の見直しにより薄毛が改善していく可能性があります。

血縁者に薄毛の方がいなければこういった後天的な要因による薄毛の可能性が高いですね。

10円ハゲなどはこちらのが原因ですね。

後天的薄毛の原因

  • ストレス
  • 食生活
  • 運動不足
  • 睡眠不足

遺伝などに起因する先天的原因(AGA)

geralt / Pixabay

薄毛には後天的な要因がある一方で先天的な要因によるAGAと呼ばれる薄毛もあります。

AGA(Androgenetic Alopecia:男性型脱毛症)とは、毛が成長する前に抜け落ちてしまい、細く短い毛だけが残り薄毛が進行する病気で、遺伝的要素が強く、主に生え際や頭頂部が薄くなっていきます。

AGAはジヒドロテストステロンという男性ホルモンの働きにより、髪の毛の成長サイクルが乱れて髪の毛が成長する前に抜けてしまいます。

AGAが原因で薄毛が進行している場合は育毛剤では根本解決にはならず、返って頭皮の環境を悪くする可能性があり最悪の場合ハゲが進行した・・・なんてことにもなりかねません。

しかも、毛根が生み出せる毛本数は生まれつき決まっている為、早めにAGAに対処しないと手遅れになってしまう可能性すらあります。

20代で育毛剤を使うデメリット

PDPics / Pixabay

育毛剤を使うのはデメリットがあり、自分が育毛剤を使っても問題がないかどうかしっかりと見極めてから使う必要があります。

特に20代の場合は周りに薄毛に悩んでいる人が少なく生の声を聞くことができない為、間違った薄毛対策により毛根を危険にさらしてしまうことが多いです。必ず、育毛剤使用のデメリットを理解してから育毛剤を使うようにしてください。

さて、20代で育毛剤を使うデメリットですが、血行をよくする成分が入っているため頭皮にダメージを与えて、毛根の寿命を縮める点、髪の毛が伸びてもAGAは治らない為毛量が増えない点、効果が出る不明確なのに価格が高すぎるという点が上げられます.。

頭皮にダメージ

育毛剤は正しい用途、正しい方法で使えば効果的ですが、自分に合わない商品を使ったり、用法用量を守らずに使用したりすると頭皮にダメージを与えることになり、返って薄毛を促進させてしまう可能性もあります。

特に一番育毛剤としての効果があり、広く普及しているミノキシジルは多数の症例によって育毛効果が実証されていますが、副作用で頭皮にダメージを与える症例が多く、やはり使っても問題ないかしっかり確認してから行いたいところです。

気をつけたい育毛成分

  • ミノキシジル→育毛に特に有用な成分だが皮膚に炎症などを起こす場合がある
  • アデノシン→頭痛や吐き気、血圧の低下などを引き起こす場合がある
  • カルプニウム塩化物→かゆみや刺激痛が起きる場合がある
  • etc.

参考:男性型脱毛症診療ガイドライン(2017 年版)より

髪の毛は伸びるが増えない

育毛剤は元々ある毛が伸びるのを促進する商品です。

後天的な原因で薄毛になった場合は育毛を促進する育毛剤が効果を発揮する場合がありますが、遺伝子的な部分が関係している薄毛(AGA)の場合はほぼの無意味です。

AGAの状態は髪の毛の成長サイクルが乱れ、成長する前にすぐ抜けてしまうという状態で、育毛剤を使うことで毛はどんどん伸びていくのですが、「すぐ抜ける」という状況について根本的な解決が行えていません。

簡単にイメージすると「毛は長いのにはげてるおじさん」状態になってしまう可能性が十分にあると言うことです。

何事もそうですが、問題の原因をなんとかしなければなりません。

価格が高い割に効果が出ない

すでにお調べになられているかと思いますが、育毛剤はかなり高いです。

安い物で一本5000円、相場で言うと7000円〜12000円程度見る必要がありますが、効果がでるかどうか使って見ないとわからないという代物であることを考えるとかなり高いですよね。特になにかと支出の多い20代ではこんな大金払いたくないというのが正直なところ。

そして、すでに書かせていただいていますが、育毛剤は後天的な薄毛の中でも一部の方にしか効果がないといわれています。

例えば食生活で薄毛が進んでいる場合は食生活を改善しないと意味がないのは明らかですよね?

特にAGAにより薄毛が進行している場合はDHT(ジヒドロテストステロン:薄毛を進行させる悪性の男性ホルモン)の働きを阻害しない限り効果が出ないため、10000円前後払っても無駄な出費で終わってしまうわけです。

育毛剤を使う前に必ずクリニックに行くべき

geralt / Pixabay

効果が出ないのに育毛剤をリピートし続けるのは返って毛根を弱らせることにつながる場合があります。

そして薄毛対策は時間が命です。

育毛剤を使って無駄な時間を過ごしている間にAGAは進行していきます。

他のサイトで紹介しているような育毛剤を先に使ってダメならクリニックに行くという方法を取った場合、効果がなかったことがわかるまでの間に、AGAの状況がさらに悪化しているなんてことも考えられます。

育毛法についてはすでに医学会では確立した方法が存在しFDA(Food and Drug Administration:アメリカの医薬品などに関する認定機関)に登録された薬もあります。

すでに治療法と効果が実証されているのにもかかわらず民間療法の育毛剤を使用するのは頭皮にも毛根にも良くない行為です。実際私は1年間育毛剤を使ってもふさふさにはなれませんでした。むしろハゲが進んでしまいました。

薄毛をこれ以上悪化させたくないのであれば必ず、クリニックに相談して自分の薄毛の原因をしっかりと把握してから、内服薬での治療を行うのか、効果のある処方箋の育毛剤での治療を行うのか方針を決めていきましょう。

クリニックを使うメリット

  • ハゲの原因を知ることができ、効果的な対策を行える
  • 効果のある処方箋を貰える
  • 無駄な遠回りをして薄毛を悪化させない

経験者が語るおすすめクリニック

ハゲ治療ビフォアアフター。かなりふさふさになっている。

クリニックで治療を受けたビフォアアフター

実際に私もハゲに悩み、育毛剤や育毛シャンプーにかなりの大金を使いましたが全く効果が出ず、このまま親子そろってハゲの道(父もはげている)を進むのかと絶望している時にAGAスキンクリニックという薄毛治療を専門とするクリニックに出会い、しっかりふさふさな頭髪を手に入れることができました

私が実際に行ったのは渋谷のAGAスキンクリニックですが、AGAスキンクリニックは全国各地にクリニックがあり誰でも私が受けた治療と同じ水準の治療を受けることができます。

私も最初はクリニックに行くか悩んでいましたが詳しく調べてみるとカウンセリングは無料で受けられ、薄毛が改善しなければ全額返金してくれる制度があった為うまくいかなかったらどうしようという不安はなく受診を決断することができました。

薄毛に悩んでいるのであれば私のように時間とお金と毛根を無駄にしないためにもクリニックに行って適切な治療を受けてみてください。

↓私の体験談を書いてみましたので是非読んでみてください。

【AGA治療】20代の私が薄毛を克服した体験談

Peggy_Marco / Pixabay 「若はげに悩んでいる。なんとかしたい。」 「若はげを克服した人の体験談を知りたい。」 この記事はそんな方へ向けて書いています。 私も20代前半で若はげに悩ん ...

まとめ

今回20代の方が育毛剤を使うデメリットを書かせていただきました。

20代の薄毛に後天的な物と先天的な物があり先天的な物はAGAと呼ばれています。

20代で育毛剤を使う場合デメリットとして頭皮へのダメージを与えることと、育毛剤には髪の毛の量を増やす効果がない(AGAの治療にはならない)こと、コストに効果が見合わない(育毛剤1本文でクリニックに行けてしまう)ことが上げられます。

20代であれば育毛剤を使えば確かに毛が一時的に生える可能性はありますが、AGAに効果がないため根本的な解決にならず、気がついたときには毛根がダメになっておりすでに手遅れということになりかねません。

自分の薄毛の理由を知らずに育毛剤を使うのは危険ですので、必ずクリニックへ行き自分の薄毛の原因から薄毛改善に結びつけましょう。

今回のまとめ

  • 20代の薄毛の原因→環境要因(後天的原因)と遺伝要因(先天的原因)
  • 20代で育毛剤を使うデメリット→頭皮へダメージを与える、AGAの治療には効果なし、費用対効果が低い
  • 育毛剤を使う前にまずはクリニックに相談して治療方針を決めましょう。




かんれん

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-美容, 育毛

Copyright© ごまあざ流星群 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.