美容 育毛

20代後半のハゲ男性に捧ぐ本物の薄毛治療3ステップ

男性なら誰でも20代になってちょっとおでこが広くなったと感じたことでしょう。

それが二十代中盤から後半になってくると完全に髪の毛のボリューム感がなくなり「あれ!?俺ハゲてるじゃん!?!?」と目を背けたくなるような現実が襲ってきているのではないでしょうか?

日本人男性の約30%は程度の差はあれ薄毛だと言われており、石を投げればハゲに当たるといても過言ではないくらいです。

薄毛に悩む人はたくさんいますが「だから諦めてください!」という意味ではないのでご安心を!

むしろこれだけ薄毛という物はポピュラーな物であり、誰でもなり得るのが薄毛です。

そんなポピュラーな物なので非常に長い歴史があり、すでにそのメカニズムは解明されているため、しっかりと原因にあわせた対処を行うことで薄毛を簡単に克服することができるのです。

今回は薄毛の原因と治療方法、私の実体験から最適な薄毛治療の手順を解説していきます。

この記事でわかること

  • 薄毛治療の方法がわかる
  • 薄毛治療で絶対にしてはいけないことがわかる
  • 嘘偽りない薄毛治療の実証結果がわかる

この記事は日本皮膚科学会の文献を参考に信頼性の高い内容を心がけております。

スポンサーリンク




 

20代後半からハゲた男性が増え始める理由

20代中盤から後半にかけて薄毛が進行し始めてハゲた男性が急増し始めます。

様々な理由がありますが、一番多き入り理由はホルモンの働きによる遺伝性のAGAによる物です。

また、20代後半は仕事の面で責任の重い仕事を任されるようになる為ストレスによるハゲも考えられます。

加えて生活習慣的な部分も薄毛に影響を与えているといわれており、長年の仕事の結果生活習慣が乱れ他結果とも考えることができます。

20代後半からハゲた男性が増え始める理由

  • ストレス
  • 生活習慣(食生活、運動不足、睡眠不足)
  • AGA

ストレス

仕事が板についてくるといろいろな責任の重い仕事を任されるようになりますよね。

今までになかった重荷がストレスとなってハゲの原因になります。

10円ハゲなどはストレスが原因で起こるそうです。

軽傷であれば放置していても治るようですが、長期化したり悪化するようであればクリニックへ行くべきです。(間違っても素人判断で育毛剤を使わないでください。)

生活習慣

社会人になると睡眠が足りていなかったり、外食ばかりだったりで生活習慣が乱れてきますよね。

そういった生活習慣のみだれによりいろいろな要因が合わさって髪の毛が抜けたり、成長が遅くなったりして結果的にハゲてしまったりします。

生活習慣によるハゲの場合は病院ではどうにもならない為普段から健康的な生活を心がけなければ治りません。

AGA

多くのハゲ男性の原因となっているのはAGA(男性型脱毛症)で、男性ホルモンの働きにより、抜け毛が加速してしまう状態です。

男性ホルモン(テストステロン)が5αリダクターゼと結合することでDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンに生まれ変わり、それが髪の毛の毛母細胞の成長を阻害する為成長が抑制されて、ハゲてしまうという訳です。

おでこの方からハゲ始めていたり血縁者にハゲている方がいる場合はほぼ間違いなくAGAですね。

20代後半男性の若ハゲのための治療法

さてここまでなぜ20代後半あたりからハゲてくるのかについて書かせていただきましたが、それを踏まえて、どうすれば若ハゲを治療することができるのか詳しく書いて行きます。

生活習慣の見直し おすすめ度

ストレスや生活習慣が原因の場合は生活習慣の見直しでハゲが改善する可能性があります。

生活に適度な運動を取り入れ、たり睡眠時間を増やしたり、ジャンクフードをやめて栄養価の高い食事に変えていきましょう。

育毛剤で髪の毛を成長させる おすすめ度

AGAの方は育毛剤を使うことで髪の毛の成長を促進することができます。

実際私もクリニックで処方された育毛剤のお世話になりかなりふさふさな頭を手に入れることができました。

ただし、すでに書かせていただいておりますが、AGAの原因はホルモンによる物です。

内服薬でホルモンの作用を押さえない限り、育毛剤を使用することは火に油を注ぐようなものですので、安易に市販の育毛剤に手を出さずクリニックに相談して育毛剤を使うべきか方針を決めましょう。

育毛剤は必ずミノキシジル入りの物を使いましょう

薬でホルモンの働きを抑える おすすめ度

AGAの方に一番おすすめな治療法はデュスタテリドやフィナステリドなどの5αリダクターゼの阻害剤を服用してAGAの根本的な原因をブロックする方法です。

AGAの原因はDHT(ジヒドロテストステロン)が毛母細胞の活動を阻害してしまうことに起因するので、このDHTの発生を防ぐことができ、髪の毛の発育環境を正常な状態のもどすことができます。

私は育毛剤や育毛サプリなどいろいろな方法で薄毛を悪化させた苦い経験があるのですが、フィナステリドを飲み始めてたからみるみるうちに髪が生えていきふっさふさな頭髪を手に入れることができました。

内服薬はクリニックに行かないと貰えない為必ずクリニックに相談しましょう。

フィナステリドと合わせ技なら育毛剤も効果抜群ですよ

薄毛は一人で解決しようとせずクリニックに相談しましょう

悲しいことですが、薄毛は素人が下手なこと返って悪化してしまいます。

実際私も25の時に薄毛に悩み(家族友人からもハゲハゲといわれ)、育毛剤やサプリメント、運動、睡眠など髪の毛に良さそうなことは全てやってきましたが、1年後には中間管理職かと間違われるほどのはげ頭になってしまいました。

かなり精神的にもまいってしまっていましたが、たまたま見つけたAGAスキンクリニックと言うクリニックで治療を受けることで、自分の薄毛の原因がAGAだったことが発覚。

医師の指示の元フィナステリドとミノキシジルを使用するとみるみるうちに髪の毛が生えていきました。

もし、私のように1年という時間を無駄にして、ハゲをさらに悪化させたくないのであれば、今すぐクリニックに行くべきです。

クリニックに行かないデメリット

  • ハゲが悪化する
  • 無駄な努力をしてストレスを抱える
  • 毛母細胞が死滅し手遅れになる

私はAGAスキンクリニックに通っています

実際に私もハゲに悩み、育毛剤や育毛シャンプーに1年間かなりの大金を使いましたが全く効果が出ず、絶望している時にAGAスキンクリニックという薄毛治療を専門とするクリニックに出会い、しっかりふさふさな頭髪を手に入れることができました

かれこれ数十万円薄毛改善のために使ってきましたが、月5000円でハゲを克服することに成功したのは本当に驚きました。

私が実際に行ったのは渋谷のAGAスキンクリニックですが、AGAスキンクリニックは全国各地にクリニックがあり誰でも私が受けた治療と同じ水準の治療を受けることができます。

私も最初はクリニックに行くか悩んでいましたが詳しく調べてみるとカウンセリングは無料で受けられ、薄毛が改善しなければ全額返金してくれる制度があった為うまくいかなかったらどうしようという不安はなく受診を決断することができました。

↓私の体験談も是非読んでみてください。

【AGA治療】20代の私が薄毛を克服した体験談

Peggy_Marco / Pixabay 「若はげに悩んでいる。なんとかしたい。」 「若はげを克服した人の体験談を知りたい。」 この記事はそんな方へ向けて書いています。 私も20代前半で若はげに悩ん ...

まとめ

今回は20代後半あたりからなぜハゲはじめるのかについてと、具体的な治療法を書かせていただきました。

20代からハゲ始める理由としては髪の毛ストレスや生活習慣、ホルモンの働きがあげられます。

ストレスや生活習慣が原因であれば自力で治療できる可能性もありますが、ホルモンの働きによるAGAの場合は処方薬や育毛剤の使用が必須になるためほっといて治ることはありません。

また薄毛治療は素人が下手なことをすると返って悪化することもあるためクリニックに行き、医師の指示の元治療を進めるべきです。

ハゲは20代のうちであれば治る可能性もありますので早めに対処していきましょう。




かんれん

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-美容, 育毛

Copyright© ごまあざ流星群 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.