アニメ

恋と嘘第2巻ネタバレ感想考察まとめ!美咲のわがままボディ!

恋と嘘第2巻のネタバレと感想です。

▼1巻のネタバレ

【恋と嘘】原作第1巻ネタバレ感想まとめ!高崎さんエ□すぎる・・・・

出典 https://www.amazon.co.jp/ 今話題の恋と嘘の原作第1巻のネタバレと感想を書いていきたいと思います。 アニメ化に加え映画化も予定されている本作品なかなか面白いですよ。 スポ ...

スポンサーリンク




恋と嘘第2巻ネタバレ感想

第5話 友達への嘘

仁坂と由佳吏が一緒に帰っていると由佳吏が「仁坂と一緒のクラスになれてうれしかったと」カミングアウトします。これを聞いた仁坂は由佳吏に驚きの表情を見せます。

ホモいですね。友達ならそんなにびっくりすることじゃありません。

その後由佳吏は莉々奈と合流し由佳吏の家で食事をすることになります。

食事中幾度となく出てくるキスという言葉興味深々な莉々奈は由佳吏が美咲に対して抱いている気持ちを執拗に聞き胸キュンをたのしみます。しかし由佳吏が美咲とキスをしたことを聞くと嫉妬からか怒りとも取れる表情をします。

莉々奈は恋愛に疎くてかわいいですね。

第6話 恋の科学

由佳吏たちの前に政府通知後の聞き取り調査を行うために一条と矢嶋が現れます。

二人はゆかり紺についてのうんちくを二人に語り簡単な質問をして帰っていきます。

帰り際に一条たちが美咲の家に向かうことを知り由佳莉は美咲に政府通知が来たのだとあせってしまいます。しかし莉々奈の言葉でなんとか立ち直り次の日に美咲から直接話を聞くことにします。

翌日美咲からそのことを聞くと美咲ではなく美咲の両親に用事があっただけだということがわかりました。それに安心した反面いつか美咲にも政府通知が来ることを恐れている由佳吏は美咲の「根島君だけが特別」という言葉に衝動を抑えられなくなり二人はキスをしてしまいます。

おあつですがなかなか茨の道ですね。

その夜莉々奈から電話がかかってきて、由佳吏と美咲と莉々奈の三人でキャンプに行くことになります。

男一人だとなんとなくい辛さを感じた由佳吏は何とか説得し仁坂をキャンプに誘うことに成功します。

このキャンプの件で美咲の莉々奈や由佳吏への葛藤が描かれていています。それにしてもでかい・・・・(気になる方は原作読みましょう!)

第7話 嘘のカレー

駅で待ち合わせをしていた四人は気まずい雰囲気のまま電車に乗り込みます。

ホモ、結婚相手、彼女(?)がそろったらそりゃ気まずいです。

そんな沈黙を美咲が破ります。電車に乗る前に出会った仁坂の元カノの話を皮切りに恋花に花を咲かせます。

キャンプ場につき、カレーを作りおえ、由佳吏は川で遊んでる美咲たちを呼びにいきます。そこにいたのは水着姿のわがままボディたち。

その後なんとか二人ともロッジにつれて帰り食事をしながら進路の話をします。

よるになり、みなが寝静まったころ、由佳吏は仁坂に自分に隠し事をしているのではないかと聞きます。

男同士の恋って難しいですね。

第8話 命がけの恋

由佳吏が仁坂がを問い詰めようとしていると外から美咲たちがやってきて一緒にきもだめしをしようと申し出てきます。

先発の仁坂と莉々奈のグループは由佳吏のいいところを莉々奈が語りいい雰囲気になっていましたが、莉々奈が美咲と由佳吏の中を取り持とうとしていることをしていると知ると血相を変え莉々奈に「信じらんねぇ」といい莉々奈の行動を否定します。

一方後発の由佳吏たちは蛍を追いかけ崖から落ち勢いで抱き合います。

かなりスケベですね。

同じく蛍を見つけた仁坂たちが、蛍を追いかけると崖の下で抱き合ってる由佳吏たちを見つけます。変なところを見られた由佳吏たちはは気まずく道を進んでいきます。

すると川でたくさんの蛍を見つけその美しさに魅了され、それぞれがそれぞれの思いを抱き蛍を眺めます。

第9話 心に嘘はつけない

キャンプから帰ってきた4人。みんながキャンプの思い出について語る一方仁坂は由佳吏に謝罪をして去っていきます。その仁坂の反応に由佳吏はどうすればいいのかわからずにただただ落ち込んでしまいます。

そんな由佳吏を見ていた莉々奈は由佳吏を元気付けるために古墳の話題を出します。すると案の定由佳吏は古墳について語り始め元気を取り戻していきます。

由佳里と莉々奈が道を歩いていると二人組みの男にぶつかってしまい切れさせてしまいます。由佳吏は莉々奈をかばって男たちにぼこぼこにされてしまいますが野次馬が警察を呼んでくれなんとかその場は収まります。

莉々奈は由佳里が自分をかばった紳士的な理由を聞き由佳吏を思わず抱きしめてしまいます。

恋と嘘 2巻考察

仁坂が同性愛者なのは確定?

1巻で由佳吏にキスをしていた仁坂ですがどうやら確実に同性愛者だと見て間違えないようです。それをうかがわせるシーンが二つほどありました。

まず5話の冒頭。由佳吏が仁坂と同じクラスになれてうれしかったと発言したときです。このときの仁坂の同様の顔は友人に向けるような表情ではありません。思い人に思ってもないことを言われときめいてしまったのでしょう。

また7話で布団の上で由佳吏に隠し事を問い詰められたときの戸惑い方も異常でした。確実に同性愛者なは葉間違えなさそうです。

といっても仁坂が同性愛者だとしてもそれを由佳吏に強要していないあたりかなり常識人だといえます。面白半分で由佳吏と美咲をくっつけようとしている莉々奈を怒ったりしています。

しかしこの設定どう落ち着かせるのか・・




かんれん

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-アニメ
-

Copyright© ごまあざ流星群 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.